自己資金について

最近は一戸建てを建てる際には頭金ゼロで立てることができる家という物も登場しています。しかしその場合すべてを住宅ローンに頼ってしまうことになってしまいます。頭金ゼロであれば預貯金が少ない人にとっては非常に助かります。しかし、結局すべてをローンにして賄うことになるので、少しでも自己資金がありそのお金を頭金にすることができれば住宅ローンも少なくて済むので支払うが楽になるのです。

預貯金があってもすべての預貯金を頭金に回すことは出来ません。万が一何かあったときに預貯金がゼロであれば何もすることができなくなってしまいます。家を建てることができたが預貯金がないので家具を買えないという事態になってしまうこともあるのです。

一戸建てを購入する場合、頭金を出す時にいくらであれば自己資金を無理なく出すことができるのかを考えましょう。自己資金を考えるときには将来起こりうるイベントや毎月の生活にかかるお金などを考えて計算をしていけば、いくらであれば自己資金として一戸建て購入資金に充てることができるかが見えてくるはずです。自己資金の金額が見えてくるといくらであれば住宅ローンを借りていつまでであれば完済することができるのかの目安もできるでしょう。