一戸建てを購入したいと思った場合、どんな土地にするかなどもありますが、まずは予算きめてから始めましょう。土地と家を合わせてどの程度の費用であれば支払っていくことができるのかを考えるのです。

一戸建てを購入してその費用を一括で支払うことができない場合、受託ローンを組むことになります。30年や35年ローンを組むことになります。家族の収入から考えてどのくらいのローンであれば将来的に経済的な負担を大きく感じることなく支払っていくことができるのかを考えてから予算を考えるのです。

あまりに大きいな金額のローンを組んでしまうと立派な一戸建てを建てることができたとしても住宅ローンの支払いが途中で出来なくなってしまう可能性もあります。住宅ローンの支払いができなくなってしまうとせっかく手に入れたマイホームを取られてしまうでしょう。無理のない予算を考えて住宅ローンを組むことが重要なのです。そのためにも収入と今後あるべき支出を考えていくらのローンなら組めるかを考えるのです。子供のいる家庭であれば子供が大きくなるにしたがって教育費用が掛かっていくでしょう。教育費用がいくらかかっていくのかなども苦慮して住宅にかけられるお金を考えましょう。