住宅ローンを考える

大きなまとまったお金がない限り、一戸建てを購入する場合住宅ローンを利用することとなります。一戸建てを購入する場合、この程度金額であれば支払うことができるという金額が分かれば、その金額内で収まることができる土地や家を探すことになります。最初から土地や家を決めてしまうと予算オーバーとなっても多少の無理をしてしまうので、予算を決めてから土地や家を選ぶと、予算オーバーになるのを防ぐことができるのです。

土地や家が決まって予算もわかったら自己資金をそこから引きます。残った金額が住宅ローンを借りる金額となるのです。自己資金が少しでも多いとその分一戸建ての費用が減ることになるので住宅ローンを借りる金額も低くて済むのです。

住宅ローンには審査があります。申し込みをすれば誰でも借りることができるものではありません。銀行側もこの人からは返済が難しいかもと思うような人には審査を通過しないのです。そのため、審査を通りやすくするためにも自己資金は住宅にかかる費用の2~3割を準備をしておくことが理想的だと考えられています。失敗のない住宅購入計画を立てれば夢のマイホームを持つことも夢ではなくなるでしょう。準備をして計画を立てることが大切です。

参考リンク・・・ポラス|住宅ローン金利優遇